ライフスタイル

女性の6割が感じてる・・この季節の身体のだるさ。それって“梅雨だる”かも。。!

shutterstock_291680690-480x320

今年もやってきました“梅雨”の時期。この時期は身体がだるい、肩が凝るといった「梅雨だる」を訴える方が多く、ある調査では女性の62%が不調を感じていると報告されています。「夏バテ」に繋がらないように原因と対策を知って、梅雨だるを解消していきましょう!

出典http://192abc.com

昨晩もちゃんと寝たのになんだか身体がだるい、疲れがとれない、肩が凝る、といったお悩みはこの季節特有のものかもしれません。

だるいなあ ねむいしねむいし はやく帰ってゴロゴロしたい

出典https://twitter.com

かなりだるいから低血圧なのかもと思ってたら正常で、全く問題ありません!!と言われてしまったつらい帰って寝る_(-ω-`_)⌒)_

出典https://twitter.com

 

もしかして“梅雨だる”かも。。

出典https://locari.jp

“梅雨だる”というこの季節特有の体調不良を表す言葉があります。

湿度が高い梅雨の時季は、汗が蒸発せずに皮ふに残ったままの状態に。次第に汗をかく機能が弱くなり、体内に老廃物がたまりやすくなってしまいます。その結果、身体がむくんだり、だるくなったりするという症状が起こるのだそうです。

出典 http://www.beauty-co.jp

気圧の低い状態は、炎症物質(発痛物質)であるヒスタミンの分泌が多くなると言われています。そのため、肩こり、偏頭痛、腰痛などがひどくなる人も増えるのです。ヒスタミンは、身体を緊張させる交感神経を刺激するので、身体は「ストレス」を感じやすくなります。

出典 http://www.well-lab.jp

出典https://locari.jp

低気圧の中過ごしていると、なんだかだるく感じやすくなったり、いつも気分が乗らなかったり、疲れやすかったりと不調を感じる人は多いようです。

実際に統計をとってみると、なんと半数以上の女性が梅雨だるのような症状を感じているということが、分かりました。

血めぐり研究会が行った調査※では、6割の女性が、梅雨時期に不調を抱えていることがわかりました。さらに、入梅前から梅雨明けまでの約2ヶ月間ずっと「梅雨不調(梅雨だる)」を感じ続けている女性は、3割もいることがわかりました。

出典 http://www.well-lab.jp

“梅雨だる”の主な自覚症状は【だるさ】や【肩凝り】です。

1か月~1.5か月のも間ずっと梅雨だるの症状が続いている人も中にはいるようですね><!つらいですね><

出典http://www.well-lab.jp

つら~い“梅雨だる”の改善方法は。。☆

“梅雨だる”を改善方法は、あたためること&ほぐすこと!!!

身体の中の巡りをよくすることが大切です^^

“梅雨寒”という言葉もあるほどなので、夏場の冷えの原因ともなる、冷えグセをつけないことが大切です。

では、具体的にどんな方法が効果的かご紹介します^^♩

▼こまめなストレッチ♩

出典http://blair.jp

“梅雨だる”を引き起こす原因として、身体が冷え、血液の循環が悪くなることがあります。

オフィスでもできる肩ほぐし・むくみ対策の運動を取り入れましょう。少し身体を動かすだけで身体の調子が全然違いますよ^^♩

◆ペットボトルエクササイズ

手を伸ばした状態で、ペットボトル(500ml)の両端を持ったまま、頭の上まで、手を上げます。両手を頭の上に上げたまま、「10」数えましょう。これを5回するだけで、肩・首の血めぐりがよくなり、「こり」が改善されます。

出典 http://www.well-lab.jp

だるいとついつい動くのが億劫になりますよね。。

少し身体を動かすことで、頭の身体もすっきりするかもしれないのでぜひ、こまめに動かしましょう^^

▼ハーブティなどを積極的に摂る♩

出典http://besanee.jp

身体の巡りをよくする“ハーブティ”を積極的に摂るようにしましょう^^

リラックス効果もあるので、ストレス軽減にも繋がりますよ♩

▼首をあたためる♩

出典http://www.well-lab.jp

首・手首・足首、と“首”の付くところは冷やさないように心がけましょう^^

夏は、部屋の中と外の温度差が激しくなりますよね><

クーラーの効いてる室内では身体がどんどん冷えていきます。オフィスでもひざかけや、温熱シートを用意しておくのがおすすめです!

特にこりのひどい肩は、肌に直接貼ることができる「温熱シート」で、じんわり温めましょう。「温熱シート」は、40℃くらいの温熱(蒸気を伴った熱)により、熱をじんわりと身体の奥まで届けることができるので、血めぐりをよくします。こまめに、じんわりと肩を温め、こりをほぐすことをおすすめします。

出典 http://www.well-lab.jp

出典https://locari.jp

いかがでしたでしょうか?^^

ズルズルと夏バテなどの不調につながってしまわないよう、代謝のよい身体づくりをめざして、梅雨だるとさよならしたいものですね。ぜひ日々のあたためを心がけてみてください♩

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

友だち追加数

更新情報をお知らせします。

関連記事

  1. sweets_01 【痩せるための近道】リバウンド防止法!
  2. large 大人だって揺られながら眠りたい♡気軽に置ける置き型ハンモック、“…
  3. large 寝る前3分で美bodyに♡Relaxしながら体幹を鍛える“かんぬ…
  4. images (3) 【ベビ待ちママへ】排卵日にはおりものが変化する!?
  5. o0425028320130930kido02 脚痩せしたい人必見♡海外セレブのような引き締まった脚へ。。♡“上…
  6. original “臭いエチケット”できていますか??制汗剤を使い分けて香りのいい…
  7. original 一日中ずーっと香ってる♡香水よりも優秀な24H香りが持続する魅惑…
  8. images 美容効果で注目度No1♡野菜の王様「ケール」の秘密。

カテゴリー記事一覧

  1. マグネットつけまつげ
  2. ルメント芸能人モデル
  3. りゅうちぇるメルライン
  4. 26304114
  5. large
  6. 23509_01
  7. Menjoy_208527_1
  8. 川村エミコホラー
  9. 00 (2)
  10. uploaded
バストアップサプリの効果
  1. マグネットつけまつげ
  2. 人気の香水2017年
  3. Chanelたまご型ハンドクリーム
  4. 冷え性 生姜
  5. トリプルビー効果
  6. ルメント芸能人モデル
  7. りゅうちぇるメルライン
  8. 青汁の成分
  9. 1504129top

新着記事一覧

PAGE TOP